外為市場の仕組みについて

「為替相場」という言葉は誰でも一度は聞いたことがあると思います。「為替相場」2国間の異なる通貨の交換比率のことを指しています。



世界中にはたくさんの国があり、通貨も国によってさまざまです。

私たちが海外旅行へ行って、現地で買い物をする際には、「日本円」は使用せず、「現地通貨」を使いますよね。

私たちがどうやって、「現地通貨」を手に入れるかというと、銀行や空港、ホテルなどで「日本円」を「現地通貨」に両替してもらいます。「為替相場」とはこのときの交換比率のことを指します。(両替する場合、銀行などの手数料が加味される為、厳密には交換比率とは一致しませんが、大まかに表現するとそういうことです。)



では、「為替相場」はどのようにして決定されるのでしょうか。

「為替相場」は通貨の需給関係で決定されます。

簡単に言うと、「日本円」が欲しいという人が多ければ、「日本円」の価値が上昇し、「円高」になります。

逆に「日本円」は欲しくないという人が多ければ「日本円」の価値が下がり、「円安」になります。


「日本円」が欲しいかどうかは、日本の経済力、今後の政策などさまざまな要因が絡み合って決定されるので、「こうなればこう」ということはありません。特に最近では、投機的な動きの影響もかなり大きく、「為替相場」を上下させるひとつの要因となっています。

取引しやすいみんなのFXという業者はおすすめ♪

最近サービスの拡充が進んでいるトレイダーズ証券のみんなのFX。モバイルシステムがトレーダーから好評で忙しいサラリーマンの方からも指示されています。

詳しい外為サービスの詳細はみんなのFXナビで紹介されていますので是非とも参考にしてみてください。